Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京マラソンのボランティアに関する個人情報を委託先職員が紛失

東京マラソン事務局は、委託先の職員が申し込みや問い合わせを行ったボランティアの個人情報含むパソコンを紛失したと発表した。

所在が不明となっているのは、9月24日から10月2日にかけてメールで東京マラソンボランティアの申し込みを行った103人やボランティアに関する問い合わせを行った25人の個人情報が保存されていたパソコン。

氏名、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先のほか、申し込みを行った103人に関しては携帯電話番号や職業、性別、ボランティア経歴、緊急連絡先、資格なども含まれる。

10月3日、ボランティアセンターの管理運営を行っている笹川スポーツ財団の職員が、成田エキスプレスの車内に置き忘れてそのまま所在がわからなくなった。6日に警察へ紛失届を提出し、10日に同事務局へ報告した。

紛失した情報の不正利用などは確認されていないという。同事務局では、関係者に対し文書による謝罪を行うとともに、委託先に厳重注意を行った。

(Security NEXT - 2008/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCを電車内で紛失、顧客情報含む可能性 - 医療系人材派遣会社
取引先関係者の個人情報含むスマホを紛失 - 日本金属
顧客情報含むPCを電車に置き忘れ紛失 - ヤマハ
マンガ作家の個人情報含むPCとスマホを紛失 - NHN PlayArt
患者情報を電車内に置き忘れ紛失 - 聖マリアンナ医科大病院
東大模試の答案を電車内で紛失 - 河合塾
個人情報含む書類を置き引きで一時紛失 - 一橋大
上場審査資料を電車内に置き忘れ、5日後回収
イベントで交換した名刺を電車内で紛失、5日後に回収
学生の個人情報含むHDDを電車内で紛失 - 東大大学院