Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラピのスクリーンセーバー配布サイトは半数が危険 - 米McAfee

米McAfeeがまとめた調査によれば、インターネット検索で危険な人物はブラッドピットさんであることがわかった。

前回調査では、パリスヒルトンさんがトップだったが、ブラットピットさんが首位を獲得。同社によれば、ブラットピットさんの名前や壁紙、写真などを検索した場合、18%が不正サイトだった。特に酷いケースは、スクリーンセーバーを検索した場合で、半数以上が危険なリンクだったという。

また女性では、ビヨンセさんやハイディモンタグさんが多く、パリスヒルトンさんやブリトニースピアーズさんはランク圏外となった。

有名人の話題や画像などを利用し、偽サイトへ誘引する手口は後を絶たず、同社はこうした攻撃について「もっとも簡単かつ効果的な方法のひとつ」と指摘。「有名人を検索することはPCを危険にさらすこと」として注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
ネット検索で狙われるミュージシャン - 「無料DL」などで誘惑
ネット検索で危険なセレブ、人気深夜番組の司会者がトップ - ミュージシャンも標的に
悪質な「Androidアプリ」が1000万件を突破 - Google Playの約10倍
ネット検索で最も危険な有名人はCity of Boneのリリーコリンズ
HTC、SNSへの不用意な書き込みを防止する啓発用小冊子を発売
ネット検索でもっとも危険な有名人はハリポタ女優 - 1割超が脅威サイト
検索結果が危険な有名人1位は「ハイディクルム」 - ランキング常連のブラピは圏外へ
「キャメロンディアス」の検索結果、1割が危険 - 出演映画ヒットで急上昇