Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ市場は堅調な伸び - 2009年度以降も110%成長

矢野経済研究所は、セキュリティ関連市場の動向調査を実施し、2009年度以降も堅調に成長するとの見通しを示した。

同社が、2008年5月から9月にかけてセキュリティ製品やサービスのを専業ベンダー、システムインテグレーターを対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

2007年度の情報セキュリティソリューション市場は、前年から113.6%の伸びを見せ、2593億9400万円だった。同社による2008年度の市場予測も2964億900万円と前年度比114.3%となる見通しで、2009年度以降についても110%程度で推移すると予測。2011年度までに4017億円規模になると同社では試算している。

大規模企業では、先行してセキュリティ対策が進められてきたことから需要が一巡したとの見方も出ているものの、ログ管理やエンドポイントセキュリティの案件が増加。さらに導入が遅れている中小企業における需要の伸びが期待されており、ベンダーも小規模なネットワーク環境向けの製品、サービスに力を入れているという。

一方で不景気から導入コストを理由に手控える動きもあり、カード決算のセキュリティ基準であるPCI DSSの浸透など、市場活性化につながる可能性を言及している。

(Security NEXT - 2008/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増