Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や機密情報を隔離する「eX PDS」最新版 - クオリティ

クオリティは、PC内に保存された個人情報や機密情報含むファイルを検知して隔離するツール「eX PDS Ver.3」を発売した。

同製品は、企業のクライアントPC内に保存されたファイルを検索し、個人情報や機密情報が含まれるファイルを収集して隔離するセキュリティ対策ツール。検出されたファイルは、PCのユーザーが通常設定しているファイル保管のディレクトリとは異なるフォルダに隔離できる。

従来版では、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど個人情報を含むファイルのみが探査対象だったが、最新版では管理者が任意に設定した「機密情報キーワード」が含まれるファイルの探査も可能になった。また導入時に検出条件を調査する簡易調査機能や、報告書の分析機能などを追加している。

(Security NEXT - 2008/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用