Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や機密情報を隔離する「eX PDS」最新版 - クオリティ

クオリティは、PC内に保存された個人情報や機密情報含むファイルを検知して隔離するツール「eX PDS Ver.3」を発売した。

同製品は、企業のクライアントPC内に保存されたファイルを検索し、個人情報や機密情報が含まれるファイルを収集して隔離するセキュリティ対策ツール。検出されたファイルは、PCのユーザーが通常設定しているファイル保管のディレクトリとは異なるフォルダに隔離できる。

従来版では、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど個人情報を含むファイルのみが探査対象だったが、最新版では管理者が任意に設定した「機密情報キーワード」が含まれるファイルの探査も可能になった。また導入時に検出条件を調査する簡易調査機能や、報告書の分析機能などを追加している。

(Security NEXT - 2008/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK