Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や機密情報を隔離する「eX PDS」最新版 - クオリティ

クオリティは、PC内に保存された個人情報や機密情報含むファイルを検知して隔離するツール「eX PDS Ver.3」を発売した。

同製品は、企業のクライアントPC内に保存されたファイルを検索し、個人情報や機密情報が含まれるファイルを収集して隔離するセキュリティ対策ツール。検出されたファイルは、PCのユーザーが通常設定しているファイル保管のディレクトリとは異なるフォルダに隔離できる。

従来版では、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど個人情報を含むファイルのみが探査対象だったが、最新版では管理者が任意に設定した「機密情報キーワード」が含まれるファイルの探査も可能になった。また導入時に検出条件を調査する簡易調査機能や、報告書の分析機能などを追加している。

(Security NEXT - 2008/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加