Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベント案内メールで顧客のメールアドレスが流出 - 住友林業

住友林業は、メールの送信ミスにより顧客のメールアドレスが流出したことを公表した。

9月26日に同社従業員が、イベントの案内メールを関東近辺の顧客に対して送信した際にミスがあり、受信した本人以外のメールアドレスも確認できる状態になったもの。22件のメールアドレスが流出した。

同社では、関連する顧客へ事情の説明を行い、メールの削除を依頼した。同社では再発を防止するため、社内教育など実施していくという。

(Security NEXT - 2008/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
指定低公害車申請受付の案内メールで誤送信 - 東京都
会員向けメールで送信ミス - 東京港埠頭
Facebook上で収集されたデータ5.4億件がネット上に - 指摘するも3カ月以上放置
電気工事店宛てメールを誤送信、メアド流出 - 北陸電力
新サイトの案内メールを誤送信、メアドが流出 - PCジャングル
メール送信ミス、競争入札申請業者のメアドが流出 - 水資源機構
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
メール誤送信で教員採用選考合格者のメアド流出 - 大阪府
キョードー東京サイトの個人情報誤表示、PW含まず - 27日に再開予定