Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策ソリューション「SecureSphere」が日本語などに対応 - Imperva Japan

Imperva Japanは、ウェブアプリケーションやデータベース向けセキュリティソリューション「SecureSphere日本語バージョン」を発表した。

同製品は、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)やデータベースセキュリティゲートウェイ、データベースモニタリングゲートウェイなどにより構成されたセキュリティ対策ソリューション。

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど、ウェブアプリの脆弱性に対する攻撃や内部からの不正アクセス、データの持ち出しといった不正利用などを防止する。

今回、日本語へ対応することで操作性が向上した。またあわせて簡体字中国語、韓国語にも対応している。

(Security NEXT - 2008/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
JP-Secure、ホスト型WAFをバージョンアップ
DSR、クラウドWAFと脆弱性診断の連携サービスを開始
フォーティネット、WAFのラインナップに2製品を追加
東京エレクトロンデバイス、WAFのMSSを展開
ソフォス、無線LAN搭載UTMのラインナップを拡充
ラック、WAFの管理運用サービスを開始 - カスタムシグネチャも
サイト棚卸しサービスにクラウド型WAF - NRIセキュア
DDoS対応も可能なクラウド型WAFサービス - 日本ラドウェア