Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPN技術を活用した大規模向け無線LANアクセスポイント - T-SS

トリニティーセキュリティーシステムズは、300から1000人程度の大規模企業を対象とした無線LANアクセスポイント「IPN-W500シリーズ」を11月25日に発売する。価格は31万2900円。

同製品は、アクセスポイントとクライアントの相互認証を行う「IPNテクノロジ」を採用した無線LANアクセスポイント。同端末とクライアントPCの専用アダプタ間において、ワンタイムパスワードによる認証を行い、パケット送信ごとにパスワードの自動更新を行うことができる。

さらに同製品では、IPN技術を利用したシームレスなローミングやアクセスポント間で通信する「Wireless Distribution System」に対応。設定ツールを活用することで、最大16台、1024人分のクライアント認証情報を一括で設定することができる。

また従来はハードウェアで提供していたIPNクライアントのアダプタについても、ソフトウェアによる提供を開始し、クライアントPCの内蔵無線LANでも利用可能になった。Mac OSについても今後対応する予定。

(Security NEXT - 2008/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

危険な無線LANへのアクセスを制限するサービス - アズジェント
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
カスペルスキー、2017年版をリリース - ソフトの断捨離機能も
WEPキーの盗難対策などを搭載した無線LANアクセスポイント
チェック・ポイント、SMB市場向けにUTM2モデルを追加
危険な国や地域への接続をブロックする無線LANルータ「SAKOKU」
トレンド、公衆無線LAN向けセキュリティサービス
ALSI、漏洩対策製品「InterSafe ILP 4.4」をリリース