Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASUSのミニパソコン「Eee Box」にウイルス混入 - 製品の無償交換を実施

ASUSTeK Computer(ASUS)が10月2日に発売したミニパソコン「Eee Box」にウイルスが混入していたことが判明した。同社では製品の交換を実施する。

ウイルスの混入が判明したのは、同社のミニパソコン「Eee Box B202」および「Eee Box B202+液晶ディスプレイセット」。ウイルスはDドライブに混入しており、開くだけで実行されるほか、Cドライブや接続したリムーバブルドライブにも感染するおそれがあるという。

同社では今回のウイルス混入を受け、「Eee Box」の全ラインナップを対象に無償で製品交換を実施する。

ASUSTeK Computer
http://www.asus.co.jp/

(Security NEXT - 2008/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド、システムをロックダウンしてマルウェア侵入を防ぐソフト最新版
「Flash Player」更新アラート装いマルウェア感染狙う不正広告が拡散 - 「ニコ動」でも掲載
アンラボ、韓国政府の委託で開発した不正Androidアプリの配布を防ぐ新製品 - 組込用ソリューションも提供
FFR、ソフト開発ベンダーやCSIRT向けのマルウェア解析ツールを発売 - 混入調査や挙動解析を実現
「読み取り専用モード」をあらたに搭載したセキュリティUSBメモリ - 「TRAVENTY」シリーズ
エージェントレスで動作する検疫ソリューション - ソリトン