Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ技術の動向に関する報告書を公開 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は 2008年上半期における情報セキュリティ技術の注目すべき動向について、報告書を取りまとめた。

専門委員で構成される同機構のタスクグループ「情報セキュリティ技術動向調査TG」が会合を開催し、各委員が注目する技術について発表、報告書として取りまとめた。

「PKI関連の動向」「アイデンティティ管理技術」「仮想化ソフトウェアのセキュリティ」をはじめ、取り上げた動向は11種類。セキュリティ技術の課題は標準化、実装、導入など技術者ごとに異なる条件となる場合も多いことから、報告書では一般的に理解できるよう、条件や状況などについても詳細を盛り込まれている。

(Security NEXT - 2008/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

紛失盗難PCのネット転売を監視するサービス - クロスワープ
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
SSL/TLSを取り巻く状況や鍵管理に関する文献調査を実施 - IPA
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市