Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ技術の動向に関する報告書を公開 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は 2008年上半期における情報セキュリティ技術の注目すべき動向について、報告書を取りまとめた。

専門委員で構成される同機構のタスクグループ「情報セキュリティ技術動向調査TG」が会合を開催し、各委員が注目する技術について発表、報告書として取りまとめた。

「PKI関連の動向」「アイデンティティ管理技術」「仮想化ソフトウェアのセキュリティ」をはじめ、取り上げた動向は11種類。セキュリティ技術の課題は標準化、実装、導入など技術者ごとに異なる条件となる場合も多いことから、報告書では一般的に理解できるよう、条件や状況などについても詳細を盛り込まれている。

(Security NEXT - 2008/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA
IPA、早期警戒パートナーシップガイドラインの改訂案 - 脆弱性取扱を法的側面から整理
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
調査事業で企業回答内容をサイト上で誤公開 - 経産省
委託先セキュリティ検査を支援するパッケージ - NRIセキュア
「REDチームサイバー演習サービス」を開始 - ニュートン・コンサル
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
「天下一音ゲ祭」の出場者向けメールで誤送信
ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出