Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログが残らず、検知も難しい新手のSQLインジェクション攻撃が発生

IDSやIPS、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)などで対応が難しい新手のSQLインジェクション攻撃が発生した。ラックによれば実被害も確認されているという。

ラックの研究機関であるサイバーリスク総合研究所のコンピュータセキュリティ研究所が、今回注意喚起を実施したもので、同社セキュリティオペレーションセンター「JSOC」でも9月30日早朝に攻撃を検知した。同社によれば、すでに被害にあったウェブサイトも確認されているという。

問題の攻撃は、CookieにSQLインジェクション攻撃を埋め込む手口。Cookieを利用するためウェブサーバのログに攻撃の痕跡が残らず、IDSやIPSでも定義されていないことから検知できない可能性があるという。また、攻撃そのものにもIDSやIPSの検知を避ける細工が施されている。

攻撃元のIPアドレスは中国国内のもので、いずれもASP(Active Server Pages)によるウェブアプリケーションを狙ったものだった。脆弱性を攻撃された場合は、スクリプトが埋め込まれ、不正サイトへ誘導されるおそれがあり、脆弱性を攻撃するマルウェアがダウンロードされる。

同社では攻撃元のIPアドレスやドメインを公開。こうしたIPアドレスからの攻撃や、不正サイトへのリンクなどが埋め込まれていないか確認し、ファイアウォールによるアクセス制限を実施したり、ウェブアプリにおける脆弱性の有無を確認しておくなど、被害の防止対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
不正アクセスによる情報漏洩、会員など最大約6万人に影響 - イベント制作会社
「SQLi攻撃」で最大13万件の顧客情報が流出 - 日販グループ会社
メルマガ読者管理DBにSQLi攻撃、一部流出か - ソフト開発会社
スカイアーチ、項目を絞ったサイト脆弱性診断サービス