Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英文字6桁のパスワードなら解読時間は最大約37分 - IPAが注意喚起

情報処理推進機構は、オークションのパスワードが解読され、悪用されたとの相談が複数寄せられているとして、注意を呼びかけている。

同機構によれば、こうした相談のなかには、パスワードが数字だけの組み合わせだったり、簡単な英単語など、辞書攻撃により短時間でパスワードが解読されるような安易な設定だったものもあったという。

さらに同機構ではこうした被害を防止するため、アルファベットや数字、記号などをランダムに組み合わせた場合におけるパスワード解析ツールの解読時間を調査。

その結果、大文字と小文字の区別があるアルファベット、数字を組み合わせた62文字で8桁のパスワードを設定した場合、現行のパソコンなどでは最大50年かかることが判明したという。

一方、利用する文字数が同条件でも、6桁の場合は約5日と大幅に短くなり、4桁の場合はわずか2分だった。また、大小文字の区別がないアルファベット26文字を利用した場合、8桁でも約17日、6桁の場合は約37分、4桁の場合は約3秒とさらに強度が弱いという。

同機構では、パスワードは8桁以上とし、紙などにメモする場合も、盗難時にIDとパスワードが同時に取得されないよう別々に保管することを推奨。また同じパスワードの長期間の利用を避け、定期的に変更するよう呼びかけた。

設定以外についても、ログイン履歴を確認したり、ネットカフェなど不特定多数が利用し、安全が確認できないパソコンでIDやパスワードの入力を避けるようアドバイス。またフィッシング攻撃に対しても注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
不正ログインの被害相談、直近5カ月で104件 - IPAが対策呼びかけ
不正競争防止法改正案、データの不正取得や保護破りサービスも対象に