Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログイン後も不審行動で追加認証求める「RSA Adaptive Authentication」最新版

RSAセキュリティは、本人確認の認証機能を強化する「RSA Adaptive Authentication 6.0」を、10月31日より発売する。

同ソリューションは、ネットバンキングなどオンラインサービスへのログイン時における、本人認証のセキュリティを強化するもの。ログイン時のユーザーの行動に対してリスク分析を行い、なりすましや不正アクセスの可能性がある場合、通常のIDとパスワード以外の認証を追加して本人確認の精度を高める。

最新版では「トランザクションの監視強化」機能が追加。ログイン後の操作に対してもリスク分析を行い必要に応じて追加認証を求めるなど不正利用を防止する。

また、リスクが高いと判定された場合の追加認証として、「電話と電子メールを利用した認証」が可能になったほか、高リスクと判定された利用者をリストアップする管理ツール「Case Managementツール」が搭載された。

価格は、利用者が10万人規模のサイトで利用者1人あたり262円から。年間保守費用および年間データ更新費用が別途必要。

(Security NEXT - 2008/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード