Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧米で流行する偽ウイルススキャナ「AntiMalwareGuard」にご用心

オンライン上でウイルスのスキャンサービスを提供していると見せかけ、マルウェアをインストールする手口が9月下旬から欧米などで流行しているとして、G DATA Softwareが注意を呼びかけている。

問題となっている手口は、偽装ウイルス対策ソフト「Antimalware Guard」を利用したもので、以前流行した「WinAntiVirus」と類似した攻撃。ウイルスが仕掛けられたサイトを閲覧すると「ウイルス感染の恐れあり」「エラーを発見」といったメッセージを表示し、あたかもウイルス感染を検知したようにみせかけ、ウイルス対策ソフトの導入を勧める。

081002gd.jpg
オンラインスキャンに見せかけた「Antimalware Guard」

誤って導入するボタンなどをクリックすると、亜種が1000件以上の見つかっているトロイの木馬型ダウンローダー「FraudLoad」などがダウンロードされ、さらに登録を理由にクレジットカード情報や電話番号、メールアドレスなど個人情報の詐取も試みるという。

同社ではこうした攻撃から身を守るため、最新定義ファイルを適用したウイルス対策ソフトの利用、ウェブページのウイルスチェック、OSやブラウザのアップデート、JavascriptやActiveXなど停止など、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスでSIMカードが破損する」と脅す詐欺サイト - 偽アプリへ誘導
ウェブ閲覧中の偽警告画面に注意 - 8月だけで相談200件
「ウイルス検出」とだます偽警告への相談、引き続き増加傾向
音楽配信サービス「Spotify」に不正広告 - マルウェア感染報告も
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
夏場にあわせて詐欺サイトも変化 - 水着通販の偽サイトも
6月は不正サイト検知数が微増 - 大きな変化見られず
5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト