Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ標語ポスター」の入選候補を選出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティに関する標語やポスターのコンクールで入選候補作品50点を選出した。同機構では10月14日まで作品に対する意見や感想を募集している。

同コンクールは、若年層を対象とした情報セキュリティの啓発イベント。同機構が韓国情報保護振興院(KISA)と共同で開催しているもので、今回で4回目を迎えた。

6月より募集を開始し、全国の小中高校287校から7718件の応募が寄せられ、審査委員会により50作品が入選の候補作品を選出。入選作品については、10月28日の「IPAフォーラム2008」にて表彰を行う予定。

(Security NEXT - 2008/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
若年層向け啓発コンクールの受賞作品が決定 - あらたに文科大臣賞も
学生向けセキュリティコンクールの受賞候補作品を公開 - 意見を募集
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
IPA若年層向け情報啓発コンクールの受賞作品を決定 - 応募作品は過去最多の3万3335点
IPA、若年層向け啓発コンクールの作品募集をスタート - 2014年は「硬筆」も
IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞
IPA、若年層向け啓発コンクールで作品募集開始 - メインテーマは「スマホのルール」
学生対象のセキュリティコンクール、受賞候補作品への意見募集開始