Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「一太郎」の脆弱性、「三四郎」にも影響 - アップデートモジュールが公開

ジャストシステムの人気ワープロソフト「一太郎シリーズ」に脆弱性が見つかった問題で、同社では表計算ソフト「三四郎」にも影響があるとして、脆弱性を解消するアップデートモジュールの提供を開始した。

今年8月、「一太郎シリーズ」の書式処理に脆弱性が見つかり、同社では9月より不正動作を防止するセキュリティ更新モジュールなどの提供を開始しているが、「三四郎2008」のライブラリファイルでも、一太郎ファイルの処理に同様の問題が存在しており、今回のモジュールで対応した。

一太郎の脆弱性を攻撃するウイルスがすでに発見されているが、同社によれば、9月30日の時点で実被害の報告は受けていないという。アップデートモジュールは、同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

ジャストシステム
http://www.justsystems.com/jp/

(Security NEXT - 2008/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ジャストシステムの「楽々はがき」に脆弱性 - 一太郎にも影響
「花子」など複数のジャストシステム製品に脆弱性 - 悪用は未確認
一太郎シリーズに脆弱性、細工された「.xls」ファイルなどでコード実行のおそれ - 悪用は未確認
「一太郎」に深刻な脆弱性、セキュリティ更新が公開
ジャストシステムのアップデートプログラムに深刻な脆弱性 - 多数製品に同梱
「三四郎シリーズ」に乗っ取りのおそれ - 修正用アップデートが公開
一太郎シリーズに深刻な脆弱性 - 修正用のアップデートが公開
「一太郎」シリーズにコード実行の脆弱性 - アップデートモジュール適用を
ジャストシステムの「一太郎」と「花子」に深刻な脆弱性 - アップデートを順次提供
「一太郎」や「Shuriken」などにコード実行の脆弱性 - アップデートが公開