Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約180種類の海賊版を販売した男性、買い受け捜査で逮捕へ

宮崎県警は、インターネット経由で海賊版のソフトウェアを販売していた宮崎県の男性を著作権法違反容疑で逮捕し、26日に宮崎地検へ送致した。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、男性は今年5月ころに「FUSION-NET SYSTEM」という企業を装い、不正にコピーした「一太郎2006」や「3Dマイホームデザイナー2006」を販売。宮崎県警に一般消費者から情報提供があり、ACCS経由でジャストシステムやメガソフトへ連絡、両社が告訴した。

男性は、海賊版をソフトを登録済みの「VolumeLisenceSoft」などとして販売しており、扱っていた海賊版ソフトは約180種類に上るという。宮崎県警では、実際に購入する「買い受け捜査」を実施した。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ネットカフェに海賊版OS、経営者らを逮捕
「Office」の海賊版を販売した夫婦を逮捕
「ホームページ・ビルダー」海賊版販売で男性が逮捕
TVドラマを無断複製して販売した元録画代行業者の男性を送致
「Windows 7」の海賊版販売で男性逮捕 - 「Windows XP」のサポート終了に便乗
海賊版「Windows Server」使用で逮捕、仮想サーバ1750台を提供
「Office」の海賊版をネットオークションで販売した男性を逮捕
海外の海賊版販売サイトをブロックする取組、CODAとセキュリティ企業が連携