Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、メモリ単独で電子署名する新技術 - 電子チケットへの応用も

日立製作所は、CPUに依存せずメモリチップ単独で「電子署名」の機能を組み込む技術を開発した。

同社によれば、今回開発した技術は、署名生成に必要なデータをあらかじめ暗号化してメモリチップに記録、ランダムに生成されるチャレンジコードに対して、記録されたデータを組み合わせることで電子署名の生成を実現した。

同技術を利用することで、メモリデバイスの偽造や改ざんの防止を実現でき、CPUを搭載しないことから低コスト化が可能。メモリカードや認証トークン、電子チケットなどへの応用が期待できるという。

(Security NEXT - 2008/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本ラッド、ルネサス製セキュアマイコンのミドルウェアを開発
サイバートラストら、電子署名で真偽確認できる「トラステッドビーコン」
パロアルト、「Traps」を機能強化 - 静的解析機能や隔離機能を追加
管理者権限なしで特定アプリのみインストールを許可するツール
EMC、リスクベース認証製品に新版 - スマホから不正送金を拒否可能に
CTC、米DocuSignの電子署名サービスを提供
NTTデータ、個人番号カードの公的個人認証アプリを活用した本人確認ソリューション事業を展開
筆まめ、PDF作成ソフト「Foxit PhantomPDF 6シリーズ」をリリース
Android「マスターキー脆弱性」が端末に存在するか確認できる無料アプリ - 悪用アプリも検知可能
ネットエージェント、Androidアプリ個別解析サービス - 外注アプリの潜在リスクを可視化