Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を解消した「Firefox 3.0.2」や「Firefox 2.0.0.17」が公開

Mozillaは、5件の脆弱性を解消した「Firefox 3.0.2」や9件の修正を含む「Firefox 2.0.0.17」を公開した。

「Firefox 3.0.2」では、重要度が「最高」とされる脆弱性は、画像レンダリングやXSLT処理における不具合など2件。いずれもコードが実行されるおそれがあった。また危険度「中」2件、「低」1件が合わせて修正されている。

一方「Firefox 2.0.0.17」では、危険度「最高」の脆弱性4件を解消。 UTF-8のURLをハイパーリンクに利用した際、スタックバッファオーバーフローが発生する問題、フィードプレビュー画面を用いた特権昇格やクロスサイトスクリプティングの脆弱性などへ対応した。そのほか、危険度「高」1件、「中」2件、「低」2件の脆弱性が解消されている。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2008/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ