Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を解消した「Firefox 3.0.2」や「Firefox 2.0.0.17」が公開

Mozillaは、5件の脆弱性を解消した「Firefox 3.0.2」や9件の修正を含む「Firefox 2.0.0.17」を公開した。

「Firefox 3.0.2」では、重要度が「最高」とされる脆弱性は、画像レンダリングやXSLT処理における不具合など2件。いずれもコードが実行されるおそれがあった。また危険度「中」2件、「低」1件が合わせて修正されている。

一方「Firefox 2.0.0.17」では、危険度「最高」の脆弱性4件を解消。 UTF-8のURLをハイパーリンクに利用した際、スタックバッファオーバーフローが発生する問題、フィードプレビュー画面を用いた特権昇格やクロスサイトスクリプティングの脆弱性などへ対応した。そのほか、危険度「高」1件、「中」2件、「低」2件の脆弱性が解消されている。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2008/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも