Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を解消した「Mac OS X 10.5.5」を公開 - アップル

アップルは、Mac OS Xにおける複数の脆弱性を解消したアップデートを公開した。解消した脆弱性は30件以上にのぼる。

脆弱性が見つかったのは、「Mac OS X 10.5.4」「同10.4.11」で、それ以前のバージョンやサーバ向けOSについても影響を受ける。同社ではこれら脆弱性を解消する「Mac OS X 10.5.5」「Apple Security Update 2008-006」を公開している。

細工されたフォントを含むファイルを開いた際に任意のコードが実行される「ATS」の脆弱性やファインダにおけるサービス妨害、OpenSSHの複数の脆弱性のほか、権限の昇格やDNSキャッシュポイズニングといった問題など解決された脆弱性30件以上に上っている。

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2008/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保育園入園児の名簿などを誤配布 - 小諸市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
患者情報含むメディアが所在不明に - 昭和大学歯科病院
Google、「Chrome 80.0.3987」で複数脆弱性に対処
NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性