Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリ経由で感染するウイルスが大量発生 - ジャストシステムが注意喚起

ジャストシステムは、同社が運営する「カスペルスキー情報サイト」を通じて、USBメモリ経由で感染するウイルスへの注意を呼びかけている。

同社によれば、USBメモリを媒介とするウイルスの新種や亜種が大量に発生しており、同社のサポートセンターへ問い合わせが増加しているという。

同社では、セキュリティ対策ソフトの定義ファイルを最新の状態にし、セキュリティレベルを高い状態で利用するよう推奨。また信頼できないUSBメモリは利用しないよう注意喚起を行っている。

カスペルスキー情報サイト
http://www.just-kaspersky.jp/

ジャストシステム
http://www.justsystems.com/jp/

(Security NEXT - 2008/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トロイの木馬「Fareit」の添付メール、9割が同じ件名
本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者