Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pによる情報漏洩の告発状に見せかけた不審メール - JNSAが注意喚起

日本ネットワークセキュリティ協会は、同協会を騙った不審なメールを確認したとして、注意喚起を行った。

今回見つかったのは、同協会を騙って事業者のウェブサイトに設置された意見送信ページから送られた不審メール。ファイル共有ソフトのネットワーク上にデータ流出しているとの告発状に見せかけた内容で、メールを受信した事業者から同協会へ問い合わせがあったという。

送信ページは、海外のサーバ経由でアクセスされていたが、送りつけられた文面には特に不正なURLなども記載されておらず、送付の目的は不明。メールに個人名なども記載されており、誹謗中傷の可能性もあるという。

確認された不審メールは1件のみで、ほかに報告は寄せられていないが、同協会ではこうした告発状をメールで送付することはないとして、ウェブサイトや会員向けのメールを通じ、誤って返信などしないよう注意を呼びかけている。

日本ネットワークセキュリティ協会
http://www.jnsa.org/

(Security NEXT - 2008/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例