Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCの管理情報を収集して情報漏洩リスクを診断するサービス - 日立電サ

日立電子サービスは、パソコンの管理情報を収集して情報漏洩リスクを診断する中小企業向けサービス「OFITLCM/SOFT+」の提供を開始した。

同サービスは、IT機器の導入から増設、移設、故障対応、撤去、廃棄までの運用業務をサポートする中小企業向けサービス「OFITLCM on demand」のオプションとして提供されるもの。

パソコンにインストールされたソフトウェア情報やセキュリティ対策情報などをインターネット経由で収集し、ソフトウェア名やバージョン、実行ファイル、利用回数などをまとめた月次レポートを提供する。

また収集された情報をもとにセキュリティ対策状況を診断し、セキュリティパッチの適用、ウイルス対策ソフトの更新状況、禁止ソフトのインストール状況、インベントリ収集状況により5段階で判定。レポートは専用のウェブサイトから閲覧できる。月額利用価格はPC1台あたり735円。

(Security NEXT - 2008/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応