Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーアカウントの有無を調べるApacheへの攻撃が多発 - IBM ISS報告

IBMインターネットセキュリティシステムズは、9月14日夕方から翌9月15日朝にかけてウェブサーバに対する攻撃の増加を確認したとして注意喚起を行った。

同社によれば、今回の攻撃はApache HTTP Serverを対象とした調査行為で、公開されているユーザーのホームディレクトリを探すことでユーザーアカウントの有無を調べていたと見られている。

具体的な被害は発生していないものの、アカウントが取得された場合、悪用される可能性があるとし、「mod_userdirモジュール」を利用していない場合は無効にしておくよう同社では対策を呼びかけた。

また、マイクロソフトが9月にパッチの提供を開始した「Windows Media Encoder」の脆弱性(MS08-053)についても攻撃を確認しており、今後攻撃が増加するおそれがあるとして、同社では注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定
NEC防衛部門の一部サーバに不正アクセス - 内部感染拡大を検知できず
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
「Citrix ADC」へのゼロデイ攻撃、国内でも11日より観測