Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーアカウントの有無を調べるApacheへの攻撃が多発 - IBM ISS報告

IBMインターネットセキュリティシステムズは、9月14日夕方から翌9月15日朝にかけてウェブサーバに対する攻撃の増加を確認したとして注意喚起を行った。

同社によれば、今回の攻撃はApache HTTP Serverを対象とした調査行為で、公開されているユーザーのホームディレクトリを探すことでユーザーアカウントの有無を調べていたと見られている。

具体的な被害は発生していないものの、アカウントが取得された場合、悪用される可能性があるとし、「mod_userdirモジュール」を利用していない場合は無効にしておくよう同社では対策を呼びかけた。

また、マイクロソフトが9月にパッチの提供を開始した「Windows Media Encoder」の脆弱性(MS08-053)についても攻撃を確認しており、今後攻撃が増加するおそれがあるとして、同社では注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供
セシール通販サイトに再度不正ログイン - ポイント不正交換や情報改ざんが発生
NEC、サイバー攻撃の初動対応とフォレンジック解析を提供 - 解析費用は保険でカバー