Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIG-IP」向けのセキュリティモジュールを発表 - F5ネットワークス

F5ネットワークスジャパンは、負荷分散の機能などを備えたアプリケーション配信プラットフォーム「BIG-IP」向けのセキュリティモジュール「BIG-IP Protocol Securityモジュール」を発売した。

同製品は、同社が9月2日に発表した新ハードウェア「BIG-IP 1600」「同3600」において、HTTPやSMTP、FTPプロトコル利用時のセキュリティ対策を強化するアドオンモジュール。

HTTPプロトコルを利用したウェブサーバに対する攻撃の防御をはじめ、DNSチェックや不正なSMTPコマンドの防御などスパム攻撃への対策、FTP設定の集中管理などを実現する。価格は148万円から。

(Security NEXT - 2008/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
「FFRI yarai」に新版 - ファイルレスマルウェア対策を強化
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
DNPら、セキュアチップを活用した金融機関向け遠隔保守サービス
DNPら、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を開発