Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の漏洩報道を受け釈明 - 慶応大病院

慶応義塾大学病院の診療記録が、4月に誤ってゴミとして廃棄され、回収されていたことが判明した。フジテレビが9月に入って事故を報じたことを受け、同院では釈明を行った。

4月19日深夜にマンションのゴミ集積所で住民が発見し判明、同院が回収したもの。マンションの住民である慶応大学医学部関係者が誤って雑誌などとともに診療記録を廃棄したことが判明したという。

同院では、集積所に置かれた時間が短時間だったことから漏洩はなかったと結論付け、4月に長期持ち出したとして関係者を厳重注意とし、留学延期、自宅謹慎の処分を行ったという。

慶応義塾大学病院
http://www.hosp.keio.ac.jp/

(Security NEXT - 2008/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増