Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内DNSサーバを狙ったDoS攻撃を観測 - IBM ISS

IBMインターネットセキュリティシステムズは、9月3日の夕方から翌日夕方にかけて国内にあるDNSを狙ったDoS攻撃を観測したとして注意を呼びかけている。

同社監視センターが検知し、SOC Reportで明らかにしたもので、問題の攻撃ではDNSサーバへ存在しないサブドメインの名前解決要求を大量に送信しており、BIND 8.3.3以前のバージョンを利用している場合、異常終了するおそれがある。

また、IPアドレスを偽装することで大量の返信パケットを偽装したIPアドレスに対して発生させることによるDoS攻撃である可能性についても同社では指摘している。

同社は、攻撃対策としてパッチの適用やBIND 9の採用についても検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ
外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
2月21日ごろより「memcached」狙うアクセスが増加 - 悪用報告も
「memcached」を踏み台とする反射型DDoS攻撃、500Gbps以上のケースも
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも