Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費メモリ低減、パスワード入力を暗号化で保護 - ウイルスバスター2009

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスバスター2009」を発表した。ダウンロード版は9月10日、パッケージ版は9月19日より提供を開始する。

同製品は、ウイルスやスパイウェアの対策機能やファイアウォール、スパムメール対策を搭載したセキュリティ対策ソフト。メモリの使用量を従来製品から45%削減したほか、CPUの消費なども抑えたという。また今回のバージョンアップでは個人情報保護機能に力を入れている。

「同2008」より搭載されているウェブレピュテーション機能を強化。ウェブ検索時だけでなく、メールやウェブメール、メッセンジャーに記載されたURLの評価が可能となった。メッセンジャーについては、MSNメッセンジャーのみ対応しているが、ほかのメッセンジャーについても対応を検討しているという。

またブラウザのパスワード用入力フォームに記入するデータの暗号化を実現。ハードウェアの入力からフォームに書き込まれる間に、キーロガーなどによるデータの詐取を防止する。また全画面で表示するゲームやDVD利用時にポップアップやハードディスク内の定期スキャンをキャンセルする「全画面サイレントモード」を搭載した。

同社は初心者向けに、PC全般のサポートやカードの不正使用に対する保険を追加した「ウイルスバスター2009+保険&PCサポート」を用意し、ラインナップについても強化を図った。

同社取締役大三川彰彦氏は、同製品の記者向け発表会で、Web2.0の発展を背景に消費者がウェブ上の脅威の対象になりやすいと指摘。実際に金銭被害が発生したケースや地下組織が活動している状況を紹介し、今回個人情報保護機能を強化したと説明。新規、更新ユーザー合わせて950万ユーザーの獲得する目標を示した。

080910tm.jpg

同社取締役大三川彰彦氏

(Security NEXT - 2008/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース