Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保護観察官が盗難被害、受刑者の個人情報含むUSBメモリを紛失

法務省中部地方更生保護委員会の保護観察官が車上荒らしに遭い、受刑者などの個人情報139件含むUSBメモリが盗まれたことがわかった。

被害に遭ったメモリには業務情報が保存されており、同観察官が面接調査を担当する受刑者など139人分の個人情報が含まれていた。8月22日夕方、路上に駐車していた自家用車の窓ガラスが割られ、車内にあった鞄ごと持ち去られたという。

同委員会では、警察へ被害届を提出。USBメモリは、公用として利用しているものでパスワードが設定されていた。紛失した個人情報について、不正利用などの報告はないという。

(Security NEXT - 2008/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸