Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲスト利用者のPCも確認できる「Symantec Network Access Control」

シマンテックは、ネットワークアクセス制御ソリューション「Symantec Network Access Control」最新版を発表した。アップグレードイメージは、8月20日より提供が開始されている。

同製品は、「Symantec Endpoint Protection Manager」により管理しているクライアントPCなどへ強制的にポリシーを適用、アクセスを制御するアプライアンス。

最新版では、管理外のPCを利用するゲスト利用者に対してクライアントソフトを配布し、ゲートウェイ方式やDHCP方式で実装することが可能。セキュリティ対策ソフトやファイアウォールのインストール状態などポリシーに準拠した端末であるか確認できる。

また「Active Directory」や「LDAP」「RADIUS」との連携によるウェブログインを提供し、アクセスできるネットワークリソースの制限が可能。またMACアドレス認証機能が拡張されており、802.1x環境におけるアクセス制御も実現している。

(Security NEXT - 2008/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス