Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware環境をサポートした国産WAF「SiteGuard」が発売 - JP-Secure

ジェイピー・セキュアは、「VMware」環境を正式にサポートしたウェブアプリケーションファイアウォール「SiteGuard」最新版を発売した。

同製品は、定義ファイルによりウェブアプリケーションに対する攻撃を防御するセキュリティソリューション。自己学習機能やホワイトリスト機能を搭載している。

最新版となる「同Ver.3.00」では、仮想環境である「VMware」を正式サポート。より柔軟な運用が可能となった。初年度価格は、178万円、更新価格は53万4000円。

(Security NEXT - 2008/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資