Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリケーションや通信内容で制御するファイアウォール - ネットワン

ネットワンシステムズは、米Palo Alto Networksのファイアウォール「PA-4000シリーズ」と「PA-2000シリーズ」を10月より発売する。

両シリーズは、アプリケーションやユーザー、通信内容などから通信を制御するファイアウォール。トラフィックからプロトコルを分析し、700種類以上のアプリケーションに関する利用状況を可視化。Active Directoryと連携することで、ユーザーやグループ単位でアクセスを制御を実現している。

さらにSSLによる暗号化通信は復号を行い、特殊な暗号についてもパケットの特徴からアプリを特定できるという。事前に把握していない新しいアプリについてもポリシーを設定することで対応できる。

またオプションによりURLに対するフィルタリングや、許可したアプリケーションの通信に含まれるウイルスや脆弱性に対する攻撃を防御する。

(Security NEXT - 2008/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加
「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用