Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリの共有が招くウイルスまん延 - トレンドマイクロ報告

トレンドマイクロは、2008年8月に同社が検知した不正プログラムや感染被害の状況をとりまとめ、公表した。

同社サポートセンターに寄せられた不正プログラムの感染被害の報告は、6520件で前月の6368件から微増。USBメモリ経由で感染する不正プログラム「MAL_OTORUN1」がトップだった。

USBメモリを不特定多数で共有され、さらにウイルス対策されていない端末もあることから、感染が繰り返されていると同社では分析。利用前にUSBメモリに対してウイルススキャンを行うよう注意を呼びかけた。

また、動画サイトへのアクセスを装った迷惑メールにより拡散し、個人情報を詐取する偽セキュリティ対策ソフト「TROJ_FAKEALER」が流通。ブルースクリーンでユーザーの不安感を煽る「JOKE_BLUESCREEN」がそれぞれ8位、9位にランクインした。

不正プログラムの種類に配布されているURL数を乗じて算出している「攻撃者注力度ランキング」では、ネットワークの接続設定を変更する「TROJ_ZLOB」がトップ。オンラインゲームユーザーから個人情報を詐取する「TSPY_ONLINEG」が続いた。

同社が発表した7月のウイルス被害報告数ランキングは以下の通り。

1位:MAL_OTORUN1
2位:BKDR_AGENT
3位:TROJ_RENOS
4位:TROJ_GAMETHIEF
5位:TROJ_LINEAGE
6位:JS_IFRAME
7位:MAL_HIFRM
8位:TROJ_FAKEALER
9位:JOKE_BLUESCREEN
10位:HTML_BADSRC

(Security NEXT - 2008/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に