Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動でメールに電子署名、暗号化するゲートウェイ - HDE

HDEは、サーバで送信メールに電子署名を自動付加するソフトウェア「HDE Secure Mail 3 for S/MIME」を発売した。

同製品は、ゲートウェイで送信メールへ電子署名を付加できるセキュリティソリューション。メールの暗号化にも対応したほか、受信した暗号化メールをサーバで復号してから配信する「Eメール復号機能」を用意している。

グローバルサイン、セコムトラストシステムズ、日本ベリサインの電子証明書に対応しており、ひとつ前の秘密鍵の履歴まで保存し、復号できる「世代鍵管理機能」を搭載した。

動作環境は、Red Hat Enterprise Linux 5 for Intel x86/ Intel EM64T。価格は210万円から。

(Security NEXT - 2008/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本ラッド、ルネサス製セキュアマイコンのミドルウェアを開発
サイバートラストら、電子署名で真偽確認できる「トラステッドビーコン」
パロアルト、「Traps」を機能強化 - 静的解析機能や隔離機能を追加
管理者権限なしで特定アプリのみインストールを許可するツール
EMC、リスクベース認証製品に新版 - スマホから不正送金を拒否可能に
CTC、米DocuSignの電子署名サービスを提供
NTTデータ、個人番号カードの公的個人認証アプリを活用した本人確認ソリューション事業を展開
筆まめ、PDF作成ソフト「Foxit PhantomPDF 6シリーズ」をリリース
Android「マスターキー脆弱性」が端末に存在するか確認できる無料アプリ - 悪用アプリも検知可能
ネットエージェント、Androidアプリ個別解析サービス - 外注アプリの潜在リスクを可視化