Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報検出ツール「P-Pointer」をバージョンアップ - KLab

KLabは、個人情報検出ツール「P-Pointer」の機能を向上させた最新版をリリースした。

同製品は、サーバやクライアントPC内の個人情報を含むファイルを探索するソフトウェア。過去に取得した顧客情報など、散在する個人情報の把握や監査に活用できる。

最新版となる「同3.3.0」では、監査対象のファイル拡張子を一括して変更できるようになったほか、監査結果のステータス情報について詳細表示を実現。またレポーティングツールの表示項目を追加するなど機能を強化した。

(Security NEXT - 2008/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス