Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報検出ツール「P-Pointer」をバージョンアップ - KLab

KLabは、個人情報検出ツール「P-Pointer」の機能を向上させた最新版をリリースした。

同製品は、サーバやクライアントPC内の個人情報を含むファイルを探索するソフトウェア。過去に取得した顧客情報など、散在する個人情報の把握や監査に活用できる。

最新版となる「同3.3.0」では、監査対象のファイル拡張子を一括して変更できるようになったほか、監査結果のステータス情報について詳細表示を実現。またレポーティングツールの表示項目を追加するなど機能を強化した。

(Security NEXT - 2008/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
リモコン操作に対応したAndroid TV向けセキュリティ対策アプリ
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
セキュアなアプリの開発を支援するソリューション - オージス総研
インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
WhiteSource製OSS管理ソリューション - ライセンスや脆弱性を可視化