Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny経由で個人情報流出させた小学校教頭を懲戒処分 - 三重県

三重県は、ファイル共有ソフトを利用し、個人情報を外部に流出させたとして、東員町立神田小学校の教頭に対して懲戒処分を行った。

同県教育委員会によれば、同教頭は個人情報含む業務データを許可を得ず持ち帰り、自宅のパソコンに保存。パソコンにファイル共有ソフト「Winny」や「Share」をインストールされており、ウイルスに感染したことから2005年度の全校生徒374人分の個人情報含む名簿などがインターネット上に流出した。

7月に掲示板へ流出を指摘する書き込みが行われ問題が発覚。同県教委では今回の事故を受け、同教頭に対して減給10分の1、1カ月の懲戒処分を実施した。

(Security NEXT - 2008/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
管理者パスワードを不正利用、人事資料閲覧で職員処分 - 八幡平市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
統計調査の調査員証など紛失で戒告処分 - 市原市
個人情報を不正利用した職員を懲戒処分 - 佐賀東部水道企業団