Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教諭が児童の情報を保存したUSBメモリを一時紛失 - 拾得物で見つかる

横浜市鶴見区において、小学校教諭が個人情報を保存したUSBメモリを一時紛失する事故が発生した。

獅子ヶ谷小学校教諭が、8月30日に個人情報を保存しているUSBメモリを財布ごと紛失していることに気が付いたもの。USBメモリ内部には、児童36人分の氏名や住所、電話番号を含む学級名簿や、生徒の学習や生活について記した原稿が保存されていたため、警察へ被害を届けた。

紛失した翌31日、横浜市が事故を公表。校長や教諭が児童の家庭を訪問し、謝罪を行っていたが、同日2時ごろに多摩警察署でUSBメモリが収得物として見つかった。夕方に紛失していたUSBメモリであることが確認され、回収されている。

(Security NEXT - 2008/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で施錠保管の家庭環境調査票が所在不明に - 大阪市
特別支援学級に関するノートが所在不明 - 大阪市
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
コインロッカー未施錠に気付かず個人情報盗難被害 - 堺市
小学校で成績一覧表など所在不明に - 大阪市
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
小学校でテストの解答用紙、教室で所在不明に - 大阪市
小学校で修学旅行の職員用しおりを紛失 - 関市
持ち出した小学校児童の個人情報が盗難 - 杉並区
小学校の家庭訪問中に児童の個人情報が盗難 - 藤沢市