Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ubuntuベースのシンクライアントソリューション「UBiL」を発売 - 広瀬電工

広瀬電工は、仮想サーバ用のシンクライアントソリューション「UBiL」を2008年9月に発売する。

同製品は、Ubuntu Linuxをベースに開発されたUSBメモリから起動するシンクライアントソリューション。ウービル・コンサルティングの支援を受け開発したもので、今後両社は開発やマーケティング活動でも協力していく。

また同ソリューションは、USBメモリ内のデータを内蔵メモリ上に展開して動作するため、起動後にUSBメモリをはずすことが可能。SSL-VPNや生体認証システムの追加にも対応する。またハードディスクの停止やCPUの動作を制御することで電力を約50%まで低減することができるという。

(Security NEXT - 2008/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東芝情シ、オフィス向けセキュリティソリューションを展開
日立、仮想デスクトップ環境向けにUSBデバイス制御
CTCSP、ドコモ向けにタブレット型シンクライアントを供給
日立ソリューションズ、「VMware Horizon」向けに指静脈認証SSO
東芝、独自BIOSによる認証にも対応したシンクライアント
統合管理ツール「LanScope Cat7」最新版、シンクライアントやスマートデバイスなど対応環境拡充
MOTEX、「Citrix XenApp」などシンクライアントのログ取得に対応する新製品
Eugrid、シンクライアントとクラウドストレージを連携させた新製品
ソリトン、ログオン認証ソフトにスマートデバイス向けオプション
日立システムズ、Android向け本人認証ソリューションを発売 - VMSiCSのオプションとして展開