Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDDやUSBメモリを解析できる独X-Ways製フォレンジックツール - ディアイティ

ディアイティは、独X-Ways Software Technologyが開発したコンピュータフォレンジックツール「X-Ways Forensics」の販売を開始した。

同製品は、セキュリティ事故の発生時にハードディスクやUSBメモリを解析し、事故の原因や不正行為の証拠となるデジタルデータを取得できるコンピュータフォレンジックツール。

バイナリエディタの「WinHEX」をベースにした解析検索ソフトをはじめ、ハードディスクの複製できる「X-Ways Replica」、ブラウザの履歴を解析する「X-Ways Trace」が含まれ。情報収集から解析、報告書作成が行える。

また技術者のレベルや調査内容に合わせたラインアップを用意しており、「X-Ways Capture」では、システムを稼働させたまま情報を取得することが可能で、暗号化されているシステムにも対応する。

(Security NEXT - 2008/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
EMC、フォレンジックツールに新版 - 関連イベントの時系列表示機能など追加
NEC、サイバー攻撃の初動対応とフォレンジック解析を提供 - 解析費用は保険でカバー
オープンソースのリモートフォレンジックツール「Bitscout」が公開
NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業