Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンライン取引不安「94.5%」 - トレンドマイクロレポート

ネット取引を経験したユーザーの94.5%が、取引に不安を感じていることがトレンドマイクロの調査により判明した。

同社が、2008年8月8日から8月9日まで18歳以上のインターネットユーザを対象にアンケート調査を実施し、判明したもの。有効回答件数は1032件。

調査によれば、88%のユーザーがショッピングや株取引、ネットバンキング、オークションなど利用しており、47.6%が取引の頻度が増えたと回答する一方、減少したユーザーはわずか4.3%など、ネット取引の利用が進んでいる。しかしながら、同時にオンライン取引を行うユーザーの94.5%が取引に不安を感じると回答した。

不安に感じる内容としては、カード番号や口座情報の入力が71.4%と最も高く、次いでネットカフェなどの共用のパソコンによる取引が64.7%で続いた。公衆無線LANによる取引に対して不安を感じているユーザーも47.5%と半数近くに上っている。

有効と思われる情報漏洩対策としては、パスワードの変更を頻繁に行うことが84.1%と最も高く、ソフトウェアキーボードの使用についても79.1%のユーザーが回答したが、実際にパスワードの変更を頻繁に行っているユーザーは16.6%、ソフトウェアキーボードの使用が18.9%といずれも2割未満で認識と対策に大きなギャップが生じていることも明らかになった。

(Security NEXT - 2008/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
冷蔵庫内の片付けできる人は職場データも整理できる傾向?
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査