Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンライン取引不安「94.5%」 - トレンドマイクロレポート

ネット取引を経験したユーザーの94.5%が、取引に不安を感じていることがトレンドマイクロの調査により判明した。

同社が、2008年8月8日から8月9日まで18歳以上のインターネットユーザを対象にアンケート調査を実施し、判明したもの。有効回答件数は1032件。

調査によれば、88%のユーザーがショッピングや株取引、ネットバンキング、オークションなど利用しており、47.6%が取引の頻度が増えたと回答する一方、減少したユーザーはわずか4.3%など、ネット取引の利用が進んでいる。しかしながら、同時にオンライン取引を行うユーザーの94.5%が取引に不安を感じると回答した。

不安に感じる内容としては、カード番号や口座情報の入力が71.4%と最も高く、次いでネットカフェなどの共用のパソコンによる取引が64.7%で続いた。公衆無線LANによる取引に対して不安を感じているユーザーも47.5%と半数近くに上っている。

有効と思われる情報漏洩対策としては、パスワードの変更を頻繁に行うことが84.1%と最も高く、ソフトウェアキーボードの使用についても79.1%のユーザーが回答したが、実際にパスワードの変更を頻繁に行っているユーザーは16.6%、ソフトウェアキーボードの使用が18.9%といずれも2割未満で認識と対策に大きなギャップが生じていることも明らかになった。

(Security NEXT - 2008/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
セキュリティ市場、2020年までは堅調 - 反動から2021年に軟化