Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従来製品の3倍のパフォーマンス「Sentrion MP 4/8」 - BBSec

ブロードバンドセキュリティは、ハードウェアにセンドメールのメールセキュリティ製品を搭載した「Sentrion MP 4/8」を販売開始する。

同製品は、同社が独自に選定したハードウェアにセンドメールのソフトウェア製品「Mailstream Manager」を搭載したアプライアンス製品。ウイルスメールやスパムの対策機能を搭載したほか、キーワードフィルタリングにより内部からの情報漏洩を防止することができる。

最新版では、ZIPによる添付書類の暗号化機能を搭載。複数の管理者設定を実現し、権限の委譲が行える。またオプションにより、サーバサイドによるS/MIME暗号化やポリシーに違反したメールの隔離が可能となっている。

またソフトウェアが64ビットへ対応し、さらにハードウェアをスペックアップを行ったため、従来製品「Sentrion MG」と比較し3倍の処理能力を実現。1日あたり約150万通の処理にも対応できるという。

(Security NEXT - 2008/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など