Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム対策アプライアンス「SpamSniper」を機能強化 - アーク情報システム

アーク情報システムは、韓Jiransoftが開発するスパム対策アプライアンス「SpamSniper」をバージョンアップし、9月上旬より発売する。

同製品は、ウイルスやスパム対策機能を提供するハードウェアアプライアンスやソフトウェア。従来製品では、スパムの遮断など組織全体に対して設定する必要があったが、今回のバージョンアップにより、ユーザーごとにタグを作成したり、遮断、統計モードの設定ができるなど、より柔軟な設定が可能となった。

またメールサーバとの通信で「SSL/TLS」や「サブミッションポート」に対応したほか、1ドメインを複数台のメールサーバで運用している場合についても、5台まで対応することができる。さらにユーザーログインや受信者認証がLDAP認証と連携可能。メールログの転送機能や、ユーザー管理画面における検索機能の強化なども行われた。

今回のバージョンアップは、ハードウェアやソフトウェアなど「SpamSniper」全製品が対象で、既存ユーザーは無償でバージョンアップすることができる。ただし、別途インストールの作業費用が必要。

080901ai.jpg
「同200B」と「同500A」

(Security NEXT - 2008/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
サンドボックスなど利用したメールセキュリティサービス - NTTネオメイト
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開