Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ収集分析システム「LogCatcher for LanScope Cat」を発売 - MDIT

三菱電機インフォメーションテクノロジーは、エムオーテックスのセキュリティソリューション「LanScope Cat」に対応したログ管理製品「LogCatcher for LanScope Cat」を発売した。

同製品は、「LanScope Cat」が生成するクライアント操作ログやネットワーク操作ログを収集し、圧縮した上で保存、分析できるログ管理ソリューション。データは改ざんが難しい大福帳形式で管理し、イベントログやSyslog形式のログ、Windowsサーバのログなどとともに一元管理が行える。

また「ルート探索機能」を用意しており、情報流失などが発生した場合には、対象データの複製や移動、削除の履歴を確認することが可能。持ち出した状況を把握できる「順方向探索」と、持ち出されたファイルの原本などを調べられる「逆方向探索」が行える。

さらに導入や運用時の作業を軽減する44種類の分析テンプレートが標準で搭載した。年間使用料は、初年度が71万4000円、翌年度39万9000円から。

(Security NEXT - 2008/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO