Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センドメールが仮想アプライアンス市場へ参入 - DLP機能強化も

センドメールは、8月26日に都内で記者向け説明会を開催し、VMware環境で動作するメールセキュリティ仮想アプライアンス「Sentrion MPV」を発表した。12月末に発売予定で価格はオープン。パートナー経由で提供される。

同製品は、メール配信エンジン「Mailstream Switch MTA」やスパムやウィルス対策を行う「Mailstream Manager」をはじめ、送信ドメイン認証やメールの隔離、LDAPサーバなどを搭載したメール仮想アプライアンス。

仮想化技術を用いているため、導入やバックアップなどの負担を軽減。ハードウェア上に複数の仮想マシンを並列動作させることも可能。さらにZIPにより暗号化を行い、別途パスワードをメール送信する機能を搭載した。同社社長の小島國照氏によれば、ニーズが多いことからユーザーの利便性に配慮し、日本で独自に追加したという。

また同社は、「Sentrion MPV」や「MailstreamManager」のオプションとして動作し、メールによる情報漏洩を防止する「Document Fingerprinting」を発表した。12月末より提供を開始する予定。

同オプションは、テキストやOffice文書など指定したドキュメントに含まれる文字列のフィンガープリントを作成。適用期間やしきい値を設定し、ポリシーに違反した送信メールの送信を中止できる情報漏洩対策技術。ICAPインタフェースを追加することにより、ウェブメールやFTP経由の情報漏洩対策にも活用できる。

080826sm.jpg
小島國照氏

(Security NEXT - 2008/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から