Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データを暗号化して保存するASP型バックアップサービス - NECソフト

NECソフトは、オンラインストレージを活用した法人向けバックアップサービス「オンラインバックアップASP」を提供開始した。

同サービスは、オンラインストレージとバックアップツールによりデータセンターへ自動バックアップ機能を提供するASPサービス。BIGLOBEが提供している「低コストストレージ基盤」を利用することで、価格を抑えたという。

拡張子やフォルダを指定し、データの差分のみ自動でバックアップを実施することが可能。またPCの起動時や曜日、日時など指定した日時にバックアップを行うことができる。ファイルサーバのミラーリングといった利用にも対応した。

またデータは自動で暗号化し、SSL通信によりデータセンターへ送信。ファイル単位で世代管理が行われる。利用ユーザーの追加や削除、利用状況の確認など管理者機能も用意した。月額利用料は、1アカウントあたり105円、1Gバイトあたり525円。

(Security NEXT - 2008/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
カスペルスキー、小規模オフィス向けセキュリティ対策製品の新版
NECPF、外食産業のPOS向け「稼働監視サービス」
暗号化などセキュリティ面を強化したバックアップソフト - プロトン
NTTデータ先技、Oracle製品向け一次保守サービスを提供