Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩防止機能を強化した「MIMEsweeper for SMTP 5.3」を発売 - クリアスウィフト

クリアスウィフトは、情報漏洩防止機能を強化したメールセキュリティ製品の最新版「MIMEsweeper for SMTP 5.3」を、9月下旬より発売する。

同製品は、メールのセキュリティ対策に特化したセキュリティソリューション。ゲートウェイによるウイルスやスパムのブロック、内部からの情報漏洩を防止するフィルタリング機能などを搭載している。

最新版では、情報漏洩対策機能が強化。ヘッダーやフッター、本文などドキュメントの要素ごとに事前に定義されたキ ーワードやフレーズをフィルタリングすることが可能。複数アイテムや正規表現による検索にも対応している。またクレジットカード番号や個人情報を特定する語彙分析を拡張したほか、電子透かしにも対応した。

また「Windows Server 2008」や「Windows Vista Business Edition」におけるクライアントツールをサポート。データベース認証「Windows認証」および「SQL認証」を追加した。価格は、50ユーザーで55万円から。

(Security NEXT - 2008/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など