Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテックのID統合管理製品と「RSA SecurID」の連携が実現

インテックとRSAセキュリティは、ID管理ソリューションとワンタイムパスワード製品の提供で協業した。

今回の提携により、インテックが9月1日から提供開始するユーザーIDの同期システム「結人」や、12月発売予定のID統合システム「束人」と、RSAのワンタイムパスワードソリューション「RSA SecurID」の連携が実現した。

「RSA SecurID」のユーザーIDを「結人」で同期し、さらに束人で一元管理することで、IDの統合管理に本人認証機能を追加。また束人のメンテナンス画面から、RSA SecurIDの利用ユーザーの登録や監査履歴レポートを出力することが可能となっている。

(Security NEXT - 2008/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
脅威を把握しワークフローを自動実行する米ayehu製ソリューション - IWI