Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、セキュリティ事業の拡大目指してIWIのTOBを実施

大日本印刷(DNP)は、ジャスダックに上場しているインテリジェントウェイブ(IWI)を連結子会社化するとしてTOBを実施している。

IWIの発行済み普通株式の52.02%にあたる12万8369株を上限に公開買付けを実施するもので、買付け価格は1株あたり2万9740円。買付け期間は8月20日から9月18日までで、DNPでは公開買付け後も上場を維持する方針。

大日本印刷とインテリジェントウェイブは、従来よりオフィスセキュリティやシステム開発で協業しており、セキュリティ事業の拡大などを目的に2007年11月から資本提携を検討してきたという。インテリジェントウェイブでは、18日に取締役会で企業価値を向上させるものとして今回のTOBに賛同を決議している。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

インテリジェントウェイブ
http://www.iwi.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セシール通販サイトに不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず