Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

作業ミスによりネット上から学生の個人情報が閲覧可能に - 大阪商業大

大阪商業大学の学生に関する個人情報がインターネット上に流出したことがわかった。

関連会社のサーバ上に保存されたデータが、インターネットを通じて外部から閲覧可能となっていたもので、学生の氏名や学籍番号など1169人分の情報が流出したという。

同大では、学生の利便性向上を目的にデータを保存したが、単純な作業ミスが原因で個人情報が流出したとして謝罪。管理体制の見直しなど再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2008/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大
顧客情報9.2万件含むサーバに不正アクセス - パーソルキャリア
個人情報含む旧優生保護法関連の資料を公開 - 神奈川県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大