Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスセキュリティ」などに検知機能が停止する脆弱性 - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、ソースネクストが販売するウイルス対策ソフト「ウイルスセキュリティ」などに外部からの攻撃により機能が停止する脆弱性が含まれているとして注意喚起を行った。

脆弱性が見つかったのは、「ウイルスセキュリティ」と「ウイルスセキュリティZERO」の2製品。いずれも「バージョン9.5.0173」やそれ以前の製品には、ファイルスキャンの圧縮ファイル処理に問題があり、細工されたファイルをスキャンすると機能が停止するおそれがあるという。

脆弱性を攻撃され、スキャン処理が停止した場合、ウイルスの検知が行えなくなるため、ウイルスに感染しやすくなる。最新版である「バージョン9.5.0227」では問題が解決されており、アップデートすることにより脆弱性を解消できる。

脆弱性はフォティーンフォティ技術研究所の鵜飼裕司氏が3月に脆弱性を発見し、IPAへ報告。JPCERTコーディネーションセンターが公表に向けて調整を行っていた。

ウイルスセキュリティおよびウイルスセキュリティZERO におけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
http://jvndb.jvn.jp/contents/ja/2008/JVNDB-2008-000050.html

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家電操作対応東芝製HEMSに複数脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース
Apple、「iOS 12.1.2」をリリース - CVE番号付与された脆弱性の修正は含まず
NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も