Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

44.8%がウイルス感染経験あり - 「検出率」より「コスト」重視の傾向

インターネットユーザーの44.8%にウイルス感染経験があり、感染経験がないユーザーの割合を上回ったことがアイシェアの調査でわかった。

同社が、20代から40代を中心とする同社サービスの会員を対象にウイルスの対策状況ほか意識調査を実施し、判明したもの。有効回答数は547人。

ウイルスの感染経験が「ある」と回答したのは44.8%で、43.9%の「ない」を上回った。ウイルス対策ソフトの導入にあたっては、「無料のウイルス対策ソフトを導入」が31.1%と最も多く、「最新ウイルス対策ソフトのダウンロード版(26.4%)」「最新ウイルス対策ソフトのパッケージを購入(19.8%)」と続いている。

購入時に最も重視するされているのは、「購入価格」で52.7%。「更新料」についても45.7%と高くコスト面を重視するユーザーが目立っている。次いで「パソコンへの負荷」が49.0%、「機能」が44.6%だった。ウイルスの「検出率」については、27.1%と5番目だった。

「パソコン購入時の対策ソフトで更新が必要なソフトを使っているユーザーは5.7%。またウイルス対策ソフトを「導入していない」との回答も7%に上る。さらにそのうち23.7%がウイルス感染経験者だったという。

(Security NEXT - 2008/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」